中国「春節」のご案内

春節とは、中国のお正月(旧正月)で伝統ある祝い事であり、中国だけではなく、全世界の華人にとって最も大切な伝統的な祝日となっています。

春節は4000年以上もの歴史があります。
毎年、生贄にされなければならなかった神々への信仰から始まったとされています。太陽暦が変わったとき、特に一年の終わりに影響を受けた農業では、五穀豊穣を願い神々への生贄を捧げていました。

春節が近づくと人々は年越し用品を買い、大晦日には家族みんなそろって夕食を食べます。
2021年の春節は、明日の2月12日が旧正月で言うところの元旦となり、本日2月11日は大晦日にあたります。

そして吉祥とおめでたい気分を表す絵や対聯(「ついれん」:おめでたい言葉を赤い紙に書き、門や入り口の框に貼ることで新年を祝い邪気を払います。)を掛けたり、生き生きとした植物で部屋を飾ったりして新しい年を迎えます。
街の至る所が飾り付けされ、爆竹が鳴り、互いに新年の挨拶を交わし、龍と獅の踊りや縁日が行われます。

春節には多くの文化的な行事が行われ、地方や小さな町では今でも爆竹や祖先を祀り、龍の舞といった習慣が残っています。

中国の多くの町のお寺の縁日では催し物が見られます。
龍の舞や獅子舞、皇帝の結婚式のような催しが現存する大邸宅で行われています。

北方に暮らす人々は「扭秧歌」と呼ばれる田植え踊りを男女ともに色鮮やかな衣装をまとい、歌い踊ります。

現代では、WeChatの登場により「WeChat紅包」という機能を使い親戚や友人、同僚とお互いに新年の挨拶をかわすことが主流となりました。

WUW国際通商株式会社の最新情報をお届けします。 Follow me!